“青く澄んだイマジネーション”

愛情そそぐ、りゆうはいらない。

祈りのきいろ。..『ラストレシピ〜麒麟の舌の記憶〜』

1週間ほど前に見に行ったもので、

その場の感情はそのままに書けませんが、備忘録程度に…。

 

 

 

秋元康さん企画、ジャニーズ、でありながらTwitterや映画サイトでの評価を見ながら薄い期待は抱いておりました。

ラーメンしか食べない、なんでもおいしくなさそうに食べる。で有名なにのみやくんが料理人役(しかもはじめてじゃない)とは、滑稽だなあと感じますが…。笑

 

もうここは自担を褒めちぎるかたちになりますが、右手で細かく包丁やフライパンを動かす姿はほんとうにきれいで、「好き〜〜〜」と頭わるそうにツイートさせてしまう格好よさがやはり彼にはありました。

あと、“役が現代に帰って来れない病”は快方に向かっている彼ですが、いまだについてまわるのが“可哀想病”。。

生い立ちが可哀想なのは“かわいそ村の村長”でお馴染みですが、充はなかなか眉間のしわが取れませんでした。

 

 

お話としては…、

全体的に分かりやすく進んでいき、相関図が浮かびやすい印象です。

また、秋元さんらしいあざとさも感じました。

鑑賞前の期待値は上回る、完成度高めの映画だとおもいます。

 

ただ、お腹が空く映画ではないような。

鮎の春巻きすいかソースをはじめ、見た目も食材も独創的過ぎてよく分からず、孤独のグルメファンのわたしには、敷居が高めの料理ばかりでした。

 

 

鑑賞中・後に疑問として引っかかったことがあります。

それは、

「これは二宮和也主演なの?」。

この映画、『永遠の0』と同じような構造をしているとおもうのです。

春馬くん演じる健太郎が、岡田くん演じる久蔵について調査するため話を聞いてまわり、その話がそのまま映像としてわたしたちが共有するという映画でした。主演は岡田くんです。

この映画も、充がレシピを見つけるため直太朗について話を聞いてまわり、その内容が映像となる、そんな映画。

 

この構造通りだと、岡田くんにあたるのは西島さん、春馬くんにあたるのはにのみやくんです。

疑問というか、出演時間が恐らくですがいちばん長かった西島さんに申し訳なささえ感じます。

何でも再現する料理人役ですが料理シーンは少なく、

この映画の主演は、岡田くんにあたる西島さんでよかったのではないかと。

 

ジャニーズを、特に嵐を主演以外にするなんてすこし難しいというかファンからのブーイングもあるでしょうし、

観客動員数の問題もあるのかもしれません。

これに関しては、原作ではお父さんが主役である『ようこそ、わが家へ』と同じような問題なのでは。(ラストレシピ原作は未読ですが)

 

わたしは嵐が主演以外も大歓迎ですし、

主題歌がない、または嵐ではない(『陽だまりの彼女』など)ものも好きです。

格好よい好青年以外の役も待っています(『車いすで僕は空を飛ぶ』の冒頭のクズっぷりがいちばん好き)し、

いつかぐん、と幅がひろがるといいなあ。

 

 

 

どんな形であろうと、自担がこの映画に参加させていただいたことがとてもうれしい!

そう頬がゆるんだ126分でした。

パンフレットのなかのレシピも大切に読もうとおもいます。

 

ごちそうさまでした。

 

 

おおさか紀行。2.PASSPO☆ててでるツアー

昨日の20時半頃おうちに帰ってきて、ひとり旅が無事に終わりました。

そして、ててでるツアー1日目1部に搭乗してきました。

 

 

 

カフェなんかで朝ごはんをとりたかったのに起きるとお腹が空き過ぎていたので、ファミマに(食べてみたかった)ごま風味こしあんまんを買いに行く…。

お昼は、「わたしはPASSPOの特典会に行くんだ」とおもうと緊張でお腹が空かずケンタッキーのツイスター(ペッパーマヨネーズ派)をゆっくり食べて。

その後、グッズを買うとすこし気が楽になったのでサーティワンでハロウィンフレーバーのマジカルミントナイト。

f:id:renatyann:20171105130725j:image

また、都会ならではの(だから何それ?!)ものを食べることができずじまいでした。。

 

 

そして、ついにライブの時間。

f:id:renatyann:20171105131015j:image

f:id:renatyann:20171105131027j:image

f:id:renatyann:20171105131046j:image

あまりどきどきすることなく開演を迎えて、リラックスした状態で音楽にのることができました。

ほんとうに好きな曲ばかり聴くことができて… 冬曲『ギミギミaction』ではじまったことがわらっちゃうくらいうれしかったです。(*^^*)

 

みんなやっぱり、画面越しに見るよりずっとずっと欠けるところなくきれいで、

わたしなんて足元にも及ばないくらい…。

なおみんは、細くてでもギターを操る姿がとても格好よかった。SMAPファンという点に親近感を感じました。笑っ

もりしは、力強い声とかわいい表情と、パッセンを本気でたのしませようという気持ちがすごーく伝わってきたよ。

あんにゃは、きりっとした表情でドラムを淡々と叩いているように見えたけれどMCでは玉井節炸裂な姿に癒されました。特典会で靴を脱ぎ出すなど想像通りの自由奔放さ*

なちゅは、にこにことタンバリンやキャンディを鳴らし、太ったと指摘される姿が根っからのアイドルと感じてとっても惹かれた。こんなに可愛かったっけ?

ゆっきいは、甲高い声でふわふわ抜けていてクルーにぎゃーぎゃー騒がれる天然さはほっこりさせる大きな力があるとおもう。。!

 

みおくんは… リズム隊のため後ろのほうだったし、お互い身長が低いためじっくりとは見れなかった。

でも、ゆっきいを見上げて腕に絡まったり、あんちゃんにおどかされたり(コーラを入れられたり)、ひとつひとつが可愛い!のツボだったんですね。

2ちゃんで「特典会で話が続かない」と言われていて不安がありましたが、びっくりするくらいやさしかったなあ。「いっぱい話してもいいんだ!」ってうれしかったです。

ただ、ベースを降ろすとあまりにも幼くって…。とてもじゃないけれど23歳には見えませんでした。笑

うるうるのおめめとピンクの髪の毛、そこにエッジの効いたピアスとベース。わたしの大好きな像がそこにあって、前回は特典会をあきらめたことへの後悔と今回は勇気を出して参加してよかったという達成感が、バッグのサインを見るたび蘇ります。

f:id:renatyann:20171105141109j:image

 

 

会場を出たあとは重いリュックを背負って地下鉄と新幹線に乗り、

(カフェモカ・アーモンドミルク)

f:id:renatyann:20171105141611j:image

地元の駅で母の車へ。

「よく行けたね、すごいね」って、迎えてもらえたことが単純にうれしかった。

けんかをしたこともそのときは、ごめんねってすこしおもったし、ありがたーくもおもったのにやっぱり言えなかった。

 

祖母は「寿命が縮むからもうひとりで行くのはやめて」と言っていたようですが、笑

神戸の公演にも入りたいなあと考えています。

 

 

 

ほんとうにほんとうに全てがしあわせでぴかぴかの2日間でした。

いまは終わってしまった寂しさにうなだれていますが…

16歳の一歩は見つかった気がします。

あっという間と安堵のため息が、余韻を消さないうちに“次”を計画したい。

わくわくはまだありあまってる。

それでも、大阪ありがとーう!

f:id:renatyann:20171105142101j:image

 

 

 

 

 

 

 

おおさか紀行。

初の一人旅は大阪…

いまは通天閣の見えるホテルでうだうだしています。

ライトアップがすごくきれいなのに、カメラを通すと小さくぼやけるので撮れないなあ。

 

 

ずーっとたのしみにしていたきょうの日。

大阪が大好きだし、PASSPO☆フライトに搭乗できるのもあるけれど…

“ひとり”で見える景色を見てみたかったの。16歳の一歩がここにあるんじゃないかとおもっていた。

 

 

心配だった新幹線も地下鉄も難なく乗りこなせて、

ただ悔やみは食事です。。

f:id:renatyann:20171103223908j:image

f:id:renatyann:20171103223854j:image

f:id:renatyann:20171103223845j:image

 

新幹線がちょうどお昼だったのですが大阪でちゃんと食事をとりたかったので、

ラストレシピキャンペーン商品のクリームぜんざいを食べながら向かい、

着いたら着いたで食べ損ねて16時。

ごはん兼おやつにロイヤルミルクティパフェ(食べ途中に気付いて撮ったので不自然な角度ですが)。

歩き疲れたので近くでさっと済ませたくて、トマトチーズパスタ。

 

もっと都会ならではのものを食べたかったなあ。(都会ならではって何?!)

 

 

そしてきょうはマーチンを楽に履けた日でしたが、途中から痛くなってニューバランスに履き替える…。

白タイツの足の先がすんごく汚れててちょっとショックだったり。

 

 

 

でもね、ほんとうにほんとうに、たのしくて新しくて、目に映るものすべてを忘れずきらきらに覚えておきたい!

 

こんなにしあわせだなんて、いつかとってもわるい運がついてきそうでこわい。

やっぱりあんな田舎に帰りたくないと考えてしまう。笑

こんな夢をずっとみていたかったと、急にセンチになる夜。

 

 

 

きょうはあべのキューズモールに入り浸っていたのですが、すてきな場所過ぎて…!

プニュズやスピンズの店舗を生で見ることになるとは、金欠で手が出ないとはいえ感動でした。(お洋服ほし…)

とことん田舎者なのがばれますね。

 

 

 

うーん、叫んで歌いたいくらいうれしい気持ちがここにある。

明日はフライト、1部で初のBAND PASSPO☆

リュックをずっと背負っていて肩が痛むので、体力温存のために夜更かしせず眠ろうとおもいます。

きょうはもうシャワーでいいや、おやすみなさい。

 

いい夢みれますように。。☆彡

 

 

 

 

 

 

ショート・ショート

f:id:renatyann:20171024221126j:image

f:id:renatyann:20171024221141j:image

(レンズに指が入ってる…)

 

昨日お誕生日を迎えました☆彡

 

 

昨日までやけに病んでいたせいか、「誕生日ってこんなにうれしかったっけ?」とあたたかくなるばかり…。

 

 

LINEでバースデーカードを受け取ったり、部活でたくさんお菓子をもらって、先輩もすれ違いざまに声をかけてくれて…

 

部活してなかったらこんなしあわせはなかったんだなあと、中学生時代の部活選びに後悔するばかりです。

きょうもおともだちが似顔絵絵を書いてくれたり、またまたお菓子をもらったり。

 

 

一昨日、母と言い合いになってしまって父に「明日お祝いされるのが申し訳ない」と話したときに、

父が「ここにいるだけでおめでたいんだからわるくおもわなくたっていいんだよ」と言ってくれて、

病んでいたわたしはぼろっぼろに泣いていました。

 

誕生日について深く考えるのはなんだか照れくさいけれど、こんなにうれしかった10月24日は何年ぶりなんだろう。

今年ははじめて嵐のお誕生日メッセージ動画を見忘れたのが、たいへんな心残りですが。

 

 

 

 

 

 

好きなことだけ書くびより。..父

なんだろうな、

いま、悩みの波の、頂点に近い位置にのっかっている気がしていて。

小6のわたしが、ちいさいながらよくあんなに考えたなあと感心するほど、12歳は大きな波に囲まれていました。

それがまたやって来たのだと、やけに冷静な自分もいるのですが。

 

こういうときに的確に、納得させるのは父の得意技。

わたしは高校を卒業したら家を出るつもりだし、わたしの父は同年代の子の親より年をとっているので、父との時間はとても短いの。

やけに寂しくなった誕生日前夜です。

 

 

 

わたしは、妹が生まれる前から妹がきらい。

物心ついた頃に母から突き放されるのだから、妹が悪くてもわたしが怒られるのだから、好きなわけがない。

それから、妹もわたしもまだまだちいさいときに妹が手術を受けることになって、わたしは常に父とふたりきりだった。

隣の県に入院していた妹と、つきっきりの母。毎晩父の胸を濡らしていたなあ。

 

いまでも泣けるその頃の影響か、わたしは完全なお父さんっ子になりました。

それはいまでもほんとうに変わらなくて。

 

本の虫である父は、何でも知っているんです。頭が良くて、でも娯楽にだって知識がある。

映画について、日本について、音楽について、勉強について、

父と真剣に語り合う時間が大好きなんです。

料理が上手で、動物が好きで、視野が広くて好奇心が絶えず、格好よい父が大好き。

 

父のお葬式ではたぶんわたしがいちばん泣くとおもう。

「まだ話したかった」「教えてほしかった」と、声が枯れるほど泣き続ける気がする。

でも、もし父に永遠の命があったとしても、わたしは一生を終えるうちに話し足りることはきっとない。

世界のニュースが絶えない限り、映画が消えない限り、音楽の概念がなくならない限り、父と話すことは無限で聞きたいことも無限なんだろうとおもう。

 

 

ピークを更新し続ける、母とわたしとの仲のわるさが日常の潤いを吸い取っていくなか、

父との会話はオアシスというか、お水のようなこころの拠り所なんですよね。

お酒を飲むとすぐに寝ることと、寝ると色んなことを忘れてしまうことがかなり厄介な難点ですが。笑

 

芸術の趣味や味覚の好みが似ていて肯定されることって、父が死んだら誰が満たしてくれるんだろうなあ。

父が死んだら、こんなにも博識な人に出会えるのだろうか。

このまま健康なら、あと20年くらいは生きられるとおもうけれど、父の命に人のいのちに限りがあることを改めて悔しく感じます。

 

 

だけれど、親離れのひとつとしてわたしは本を読みたい。

父のことばのきっかけを、わたしも吸収してことばをたくさん手に入れたいとおもっている。

本の前に見たい映画や聞きたい曲が山ほどあって、本でもそれらでもいいよと父は言っていた。

でも、ことばの直接的な源は、父が常に開く本のなかなのだろう。

 

本のなかには、わたしのうじうじ心を蹴り飛ばす時間がある気がしてるの。

ここまで慕う父にも母と同じような、信じてやるもんかという感情がすき間にある。

それは、わたしの家族はみんな“上の子”ではないから。

長女わたしと母との確執がつくったアダルトチルドレンの存在を、一生、くちびるのなかで嘆くとおもう。

だけれど、そんなこころの濃度を薄めることばは、かたっぱしからひらいてけば見つかると考えているのです。

 

その考えさえ、父からの影響が大きいのだけれど。

いつか、父の「知らなかった」を手に入れるため、わたしはアンテナを休めることはないぞ。

父を超える勢いで。

知識に手をのばしたい。

 

 

 

 

 

 

貴方をちゃんと想い出にできたよ ..『ナラタージュ』

中学生の頃のおともだちと、久しぶりに出かけて来ました。

『母と暮らせば』以来かな?

嵐ファンというわけではないのですが色んな俳優さんを好きな子なので、オタク同士お話がよく合います…。

 

 

 

この映画の期待値はわりと高かったです。

理由は、予告に使われていた、タクシーから紙吹雪が飛んでゆくシーン。

あとは、主題歌が嵐ではなかったこと。

主演とヒロインが潤くんと有村架純ちゃんであることや、作詞作曲がRADの野田洋次郎であることで、ターゲット層が若干低いとは感じましたが、

ジャニーズが座長である作品のなかでは、好感を持っていました。

 

 

ですが、少し満足度の低い映画だと感じました…。

 

平坦で、なんだか守りに守った恋愛映画だったとおもいます。

「おもしろい!」なシーンが、記憶のなかで見つからない。

 

 

わたしが泉の立場だったら、葉山先生が大好きな人に、ぜったいなっていたとおもう。

いつだってやさしくて、きれいでこそばゆいあの人の目線はわたしにあるだなんて、わたしはずっとずーっとその恋を忘れられないとおもう。。

 

でも、葉山先生は曖昧でやさし過ぎてずるくて。大事なことは何も言わないの。

最後に奥さんと縁を戻すだなんて、泉の気持ちは知っていて、そばにいたくせに、

東京へ戻る前、セックスをする意味が分からなかった。

いつまで泉を傷つけるのか。

 

小野くんだって、ちょっと行き過ぎた泉の管理を。

 

登場人物、誰にも共感できなかった。

登場人物が都合のよい的外れな人物ばかりだと感じました。

 

 

 

「貴方をちゃんと想い出にできたよ」

主題歌の印象的な歌詞に、少し気持ちを傾ける。

 

“ちゃんと”とは、やはり先生への関係にどこか背徳感はあったのだろうなあ。

でも想い出にするって、一体どんなことなんだろう。

おもい出して泣かなくなったとき? あのときの必死の行動に恥ずかしさを感じなくなったとき?

それならまだわたしは、中学生のときの、あの先生のことをまだ想い出にできていない。

 

 

常に霧がかかっているようなこの映画で、わずかに射す光はエンディングテーマの歌声でした。

やっぱりわたしは、まだ洋次郎が書く詞が好きなようで、虹のかけらをここに見た気がした。

いつか泉が、幸せになれますように。

他に好きな人を無理につくらなくてもいいから、懐中時計を捨てなくたっていいから、どうかしあわせが訪れるといいなあ。

 

 

 

 

(潤くんに望むのは、泣く演技の改善。)

 

 

 

 

 

【ヴィタメール】♡

こんなにも上質な甘いもの摂取できるなんてしあわせで贅沢…。

 

父が出かけていた先でボンボンショコラを買ってきてくれたのです。

父は甘いもの好きなので、自宅用4個入りと会社で食べる用6個入りを。。

家族で分けて食べたのですが、1個を二分の一する意地汚さが現れてしまいます…。笑

f:id:renatyann:20171008220451j:image

f:id:renatyann:20171008220503j:image

 (上手く撮れるようになりたい)

 

ショコラ・バリエ の中味は、

*パレ・ドール

*クール・レイ

*マロー

*ダンド・ミディ

*カレ・ド・クーベルチュール(ホワイト,ビター,ミルク×2)

でした。

 

 

*パレ・ドール

ビターで、ガナッシュの質感がすごく好みなチョコレート。

スイートチョコもほんのり、マッチしていました。

 

*クール・レイ

最初はシンプルなスイートチョコかな?と感じるのですが、あとからナッツの風味が。

コーティングもガナッシュも口溶けがすごくよいチョコレート。

 

*マロー

甘めコーヒーの風味と、とろとろ溢れるキャラメルのチョコレート。

口の中での合わさりが心地よく、濃厚で後を引くあまさ。

 

*カレ・ド・クーベルチュール

*ホワイト

食べやすい王道の甘さがあるけれど、上品でくどくなかったです。

*ビター

かなりハイカカオな気がしました。

ブラックコーヒーのような苦味を感じます。

 

*ダンド・ミディ *カレ・ド・クーベルチュール(ミルク) は妹が食べたあと黙って自室へ戻ってしまったので何も分かりません。。(u_u)

 

 

全体的に大きくてなめらかなショコラでした。

ベルギーのものだそうですが、ベルギーってこんなにおいしいんだ!と感動。

かなり好みのお店です。♪♪

大きさ・おいしさは申し分ないのに、わりとお財布にやさしい価格帯だとおもいます。

 

 

 

昨日は父とカフェへランチに。

お店の写真もごはんの写真もありませんが、久しぶりに父とデートしてきました。

「お父さんきらい」と嘆く同級生が多いなか、わたしは小さい頃から父とふたりの時間が長くずっとお父さんっ子です。

 

オーガニックカフェにたまたま入り、

父はピリ辛チキンセット、わたしはチーズハンバーグセット。

父いわく、チキンは別にピリ辛ではなかったそうで。。

ハンバーグは、特筆すべき味でもなかったですが、

つけ合わせに長いウインナーと、

皮がぱりぱりの、フレッシュネスバーガー のような太さのポテトがうれしかった。

 

量のわりに値段が高めかなあ??と感じましたが、ドルチェのクレームブリュレと紅茶がとてもおいしくて…!

バニラ風味の紅茶が、ティーポットに2杯分入って出てくるのが意外にきゅんきゅん(*^^*)

わたし、ミルクティーは得意じゃないのですが、こちらはミルクによく合いました。飲みやすくなりますね。

 

あの茶葉欲しいなあ、と考えています。

この間飲んだ、シナモン風味のルイボスティーもおいしかったし、やっぱり紅茶は深過ぎて追いつけません。

 

 

 

昨日はリフレッシュデーとなりました。

ごちそうさまでした。☆彡

 

p.s.

*フランボワーズ

酸っぱいソースと、粘り気のあるキルシュガナッシュが甘いのに上品。やっぱりフランボワーズに外れはないようで…。

コーティングチョコレートの裏が鮮やかなピンク色で女心をくすぐるショコラ。

 

*ロゼット

歯を入れると中からたっぷりのキャラメルソースが。

下のコーティングチョコレートが厚いので、中も外も十分にたのしめるショコラ。

甘いのに後を引き過ぎなくて食べやすい、でも満足感。